はじめに

みなさんは動画編集にチャレンジしたことはあるでしょうか。もしかすると、「どの編集ソフトを選べばいいのか分からない!」とか、「編集ソフトは選んだけどいざダウンロードしようとすると色々設定が多くて面倒くさい」とか、「ソフトの使い方が難しい」という壁に当たって途中で挫折してしまっていた方も多いのではないでしょうか。(筆者も最初そうでした)

このページでは、そんな悩みを解決するべく、そもそも編集ソフトを使わずに動画編集をする方法を紹介します。それは、「WE VIDEO」というウェブ上で本格的な動画編集ができるウェブサービスを利用するものです。

WE VIDEOでは、自分の編集したい動画や写真をアップロードして、カット編集やテロップ・音楽の挿入、動画に特殊効果を付けるなどの編集を行うことができます。有料版と無料版があり、無料版では月に5分までの動画をロゴありで作成することができます。まずはこのページに沿って無料版を使い、動画編集を体験してみましょう!

前準備~無料会員登録

1.まずはWE VIDEOにアクセスして、右上の「sign up」をクリックします。


2.次に、「Individuals and Businesses」が選択されていることを確認して下にスクロールしてください。


3.すると、料金プランの選択画面になります。今回は無料版を使うので一番左の「TRY IT」をクリックしてください。


4.次にサインアップ画面が表示されます。自分のEメールやグーグルアカウント、フェイスブックなどでサインアップしてください。


5.次の画面ではどんな場面でWE VIDEOを使うか、という質問が表示されます。適当に読み飛ばすかSkipをクリックして先に進んでください。


6.最後にチュートリアルをするかどうかの画面が出ます。全て英語ですが、WE VIDEOでどんな編集ができるかなんとなく理解できると思うのでやっても損はないと思います。必要のない方は右上の×をクリックしてください。


次項からいよいよ動画編集をしていきます!

いざ、動画編集!

0.WE VIDEOの機能は無料版で使えるだけでもかなり多く、紹介しきれないので、今回は動画の切り貼りとテキスト・音楽の挿入、エフェクトに絞って紹介したいと思います。



1.動画・画像を読み込む


1-0.動画編集をするためには、まず動画や画像などの素材をWE VIDEO上に読み込む必要があります。まずは読み込みの方法を解説していきます。


1-1.まず、「Create New」をクリックして新規プロジェクトを作成します。


1-2.画面上部の雲のマークをクリック。動画と画像の読み込み画面を開きます。


1-3.動画を直接ドラッグ&ドロップするか、真ん中の「BROWSE TO SELECT」をクリックして動画を読み込みます。


1-4.これで動画が読み込まれました!今回はNHKクリエイティブライブラリーの素材を使用しています。



2.カット編集をしよう!


2-0.カット編集とは動画の要らない部分だけを消去する編集です。おそらく「動画編集」と言って一番最初に思い浮かぶのはこの編集なのではないでしょうか。このWE VIDEOではとても簡単に行うことが出来るので、一緒にやっていきましょう!


2-1.まず、読み込んだ動画をドラッグ&ドロップしてタイムライン「Video 1」に表示します。


2-2.分割したい部分にマウスを移動させて、右側のハサミマークをクリックします。


2-3.これで動画が分割されました!あとは消去したい部分をクリックして選択し、ごみ箱ボタンを押すか「BackSpaceキー」を押して消去して下さい。この作業を繰り返すことでカット編集を行うことが出来ます。



3.動画にエフェクトを付けよう!


3-0.WE VIDEOでは動画の色味をセピアやモノクロに変化させることが出来ます。画面に統一感を出したいときなどに使用することが多いです。


3-1.まず、エフェクトを付けたい動画を選択して、上に表示された「FX」ボタンをクリックします。


3-2.好きなエフェクトを選択して、右下の「APPLY」をクリック。


3-3.右上のプレビュー画面を確認してください。エフェクトが適応されたと思います!同じ手順で何度もやり直しができるので、お気に入りのエフェクトを見つけてみてください!



4.テキストを挿入しよう!


4-0.WE VIDEOでは好きな位置に好きな字幕を入れることができます。


4-1.まず、右上のテキストボタンをクリックして下さい。使用できるテキストの形式の一覧が表示されます。


4-2.飾り文字など色々なものがありますが、今回は普通のテキストを使いたいと思います。「Static titles」の中の「text」を字幕を表示したい時間(位置)にドラッグ&ドロップして、タイムライン「Video2」に挿入します。次に、挿入したテキストをダブルクリックして下さい。テキストの編集画面が表示されます。


4-3.表示されたテキスト編集画面の「Text properties」の枠に、挿入したい文字を打ち込みます。日本語は苦手なソフトなので表示が乱れることがあるので注意です。また、左下部分ではテキストのサイズや位置などを調節できます。右上のプレビュー画面を見ながら勇気を持って調節してみて下さい。適当に触っていると感覚が分かってくると思います!最後に「DONE EDITING」をクリックして編集を終了してください。これでテキストの挿入は完了です!


4-4.右上のプレビュー画面を直接ドラッグ&ドロップしても位置の調節ができます。



5.音楽を付けよう!


5-0.WE VIDEOでは、多様なフリーの音楽を自分の好きなタイミングで流すことができます。


5-1.まず、画面上部の音符マークをクリックしてください。音楽の一覧が表示されます。


5-2.お気に入りの音楽をドラッグ&ドロップして、タイムライン「Audio 1」に挿入してください。その後、先ほどのカット編集の要領で、音楽を適切な長さに調節して下さい。


5-3.今のままでは音楽がいきなり大きい音で始まって急に音が消える状態になっています。そこで、今からより聞きやすい動画にするための作業をしていきましょう!まず、挿入した音楽を選択して、上に表示されている左側のマークをクリックします。


5-4.すると、音楽のフェードイン・フェードアウトの時間を設定する画面が表示されます。この場合の「フェード」とは、音楽の音量がだんだん大きくなったり小さくなったりすることです。音楽が流れ始めるときにだんだんと大きくなって、流れ終わる時にだんだん小さくなると、自然に聞こえるので、ぜひ設定をしましょう!やり方は、右側の「IN」と「OUT」の数字を変えるだけです。自然に聞こえるように調整してみて下さい。(こだわりがなければIN、OUT共に2sがおすすめです。)



6.トランジションを使ってみよう!


6-0.トランジションとは、動画と動画の間に挿入する切り替え効果のことです。ただフェードイン・フェードアウトするものや、ページをめくるように切り替わるものなど、様々なものがあります。


6-1.まず、画面上部のトランジションマークをクリックします。すると、使えるトランジションの一覧が表示されます。


6-2.適応したいトランジションを動画と動画の間にドラッグ&ドロップします。どのようになっているかは右上のプレビュー画面で確認して下さい。イメージと違ったらトランジションを選択して消去するとまた別のトランジションを適応できます。是非いろいろなものを試してみて下さい。


今回紹介した方法で一通りの編集は行えると思います。他の機能も直感的に使えるものばかりなので、色々と触ってみて下さい!!

書き出し

動画の編集が終わったら早速書き出しを行いましょう!書き出しとは、今編集してきた動画を動画ファイルにするという作業です。書き出しをすることで初めて「動画」になります!


1.まず、編集画面上部の「FINISH」をクリックします。すると、書き出しの設定画面が表示されます。次に、「TITLE」の部分に動画のタイトルを入力してください。(後からでも変更できるので、必ずしも今やる必要はありません)入力し終わったら、右下の「FINISH」をクリックすると動画の書き出しが開始されます。


2.しばらく待つと、動画の書き出しが終了します。「DOWNLOAD VIDEO」をクリックすると書き出した動画をダウンロードすることが出来ます。ダウンロードした動画は、何も設定を変更していなければ、PCの「ダウンロード」ファイルの中にあるはずです。


まとめ

いかがでしたか。思っていたよりスムーズに動画編集を体験することが出来たのではないでしょうか。実は、今回私が「WE VIDEO」を紹介した最大の理由は、このWE VIDEOのインターフェースが「他の動画編集ソフトに似ている」ので、このソフトに慣れれば他のソフトを使うときにもスムーズに編集を進めることができると思うからです!もし今回動画編集に興味を持たれて、書き出しでロゴを消したい!という方や、月5分じゃ全然足りないよ!という方がいたら、是非他の動画編集ソフトも試してみてください。きっとすぐに使えるはずです!


お付き合いいただきありがとうございました。


文責:須藤 大貴