はじめに

Googleプレゼンテーションを利用するには、Googleドライブを利用していることが前提となりますので、まだ導入されていない方は、まずは、下記リンクを参考に、Googleドライブの導入から行ってください。 Googleドライブはこちら

Googleスライドの特徴

UIがシンプル

Googleスライドでは機能が絞られているので探す手間はだいぶ削られます。Officeだといくつかのタブに多くの機能が納められており、あの機能ってどのタブの中だったっけ……となりがちです。スライドであれば必要十分な機能がずらりと並んでいるのでタブを行き来する手間もありません。



同時編集可能

「複数人でスライドを編集する」といった場合Googleスライドは便利です。オンライン上で同時に編集ができるため、効率よくプレゼンを作成をすることができます。 右上の「共有」をクリックし、共有したいユーザーを指定することで共同編集が可能になります。



レイアウトがきれいにできる

Adobeのイラストレーターを使ったことある方なら分かるかと思いますが、テキストボックスや図形などの要素のツラがピタッと吸い付くように合ってくれます。中央揃えや端揃えもラクチンなので、レイアウトの質が一気に上がります。ミリ単位のズレも許せない人にはなくてはならない機能です。



エクスポートできるのでクライアント用資料としても問題なし

PDFやjpg、pngだけじゃなくパワーポイントのpptx形式にもエクスポート可なので普通にビジネス上のやり取りで使えます。昔はpptxにエクスポートするとレイアウトが一部ズレたりと、あまり実用的ではないクオリティでしたが、いまはほとんど気にならないレベルです。



スムーズにドラッグ&ドロップ

ここは肌感ですが、ウェブ上のフリーの写真素材やピクトグラムなど画像素材などをそのままスムーズにドラッグ&ドロップしやすい感覚があります。ツールによってはいちいちローカルに保存してから再度画像を読み込んで……という面倒な手続きが必要な場合もありますが、Googleスライドはそれが少ないように感じます。



画像編集機能がすごい!

コピペしてスライド上に貼り付けた画像をそのままブラウザ上で画像編集できちゃう機能です。トリミングできますし、明るさの補正もかけることができます。フォトショップでの簡単な加工や調整であれば、スライドでそのままできちゃうレベルです。

終わりに

Googleスライドはいかがだったでしょうか。今後、「スライドを作成する」という機会があったとき、すぐにPowerPointを立ち上げるのではなく、用途に応じてGoogleスライドを活用することを考えてみてはどうでしょうか。また、Googleスライドの機能はこまめに更新されています。これからもGoogleスライドの自分にあった活用方法を追究してみてください