家からレポートを提出しよう


授業のレポートの提出が今日までだったけど,今日は学校に行く時間がない…
そんな時に家からレポートを提出できたら学校に行く時間がなくても提出することができます。
レポートを提出するだけでなく,学校のパソコンの中のファイルをコピーしたり,学校のパソコンにファイルを送ることもできてしまいます。
下記の順番通りに設定するだけで出来るので,ぜひ試してみてください!

L2TP/IPsecの設定


L2TP/IPsecの設定を行います。
この設定をしないと,学外から自分の領域にアクセスすることができません。
設定方法は情報処理センターのL2TP/IPsecの利用のページを見ながら行ってください。
もし分からないところがあれば,テックサポーターに気軽に聞いてください。

FTPクライアントソフトの
インストール


今回は,windows・mac両方で使える FileZilaというソフトを使います。
インストール方法や使い方は右へ



※FTP(File Transfer Protocol)とは,ファイルを転送するのに使われるプロトコルの1つ。
FTPクライアントソフトをインストールすることで,FTPサーバとのファイルの送受信が可能になる。

FileZillaのサイトにアクセスして,FileZillaをダウンロードします。
下にスクロールすると画像のような「FileZilla_Clientのリリース」という項目があるので,自分のパソコンの環境に合わせてダウンロードしてください。
ダウンロードが終わったら,ダウンロードしたものを起動し,インストールを行ってください。
なお,ここではwindowsを使って説明していきます。


filezilla_page

インストールが終わったらソフトを起動します。
ソフトを起動すると,以下の図のような画面になるので,上部のメニューから
「ファイル → サイトマネージャー」と選択します。


filezilla_home

サイトマネージャーのウィンドウが立ち上がるので,「新しいサイト」を選択します。
以下の画像のように入力・選択し,OKボタンを押します。
⑤には自分の学籍番号,⑥には処理センのパソコンにログインするパスワードを入れます。
名前が新規サイトとなっていますが,名前の変更ボタンから任意の名前に変えられます。
filezilla_sitemaneger


OKボタン押すと,以下の画像のようになると思います。
この状態になったら,接続ボタンを押します。

filezilla_sitemaneger

接続が出来ると,下の図のようになり,左が今使用しているパソコン,左が大学のパソコンというようになります。
右側の「pc」というのを選択すると,ドキュメントやデスクトップにアクセス出来るようになります。


filezilla_sitemaneger

レポートフォルダにアクセスします。
レポートフォルダは下の図の赤枠の中で,「student1/public/report」という場所にアクセスします。
そうすると,赤枠の下の部分にレポートフォルダの中身が見えるので,指定されている場所に提出します。


filezilla_sitemaneger

まとめ・あとがき


家からレポートを出す方法はどうでしたか。
設定など,ちょっと時間のかかることはありますが,一度設定してしまえばすぐに使えるようになります。
また,これを上手く使えば,学校で印刷するものがあるときに,USBを持ち歩かなくてもよくなります。
ぜひ,上手く活用してください。





i15031 川田拓